スペイン語スペイン文学科

スペイン語を通して3大陸、世界20以上の国?地域とつながろう。
スペイン語スペイン文学科

世界の多くの国で使われているスペイン語を学び、世界に飛び出します。

スペイン語を母語(第一言語)とする人は約4億8千万人、第二言語としている人も含めれば5億8千万人に達するスペイン語人口。多くの国際会議の公用語であると同時に、スペイン語はスペインをはじめ、中南米の大半の国々を含む世界21の国と地域の公用語として使用されています。国際社会においてスペイン語の重要性は日々増しています。
インターネット出願専用サイト

〈卒業生の声 小林里奈さん〉

中学の頃、さまざまな国の方と交流する機会があり、英語以外の言語に興味を持ち、また、サルサダンスをコロンビア出身の先生に習っていたことから、本学科でスペイン語を学ぶことを選びました。1年次に「ラテンアメリカ史」を履修し、伝統的な音楽や踊り、またスペインによる新大陸征服など幅広く学びながら多様な視点を育み、2年次にはスペインでの語学研修プログラムに参加しました。日本語が通じない環境で、スペイン語を駆使して、授業や日常生活を送れたことは、大きな自信になっています。3年次にも留学を考えていましたが、コロナ禍で断念。しかし、スペイン語で研究発表をする演習やモヤノ先生の指導によって語学力を高めました。スピーチコンテストへの挑戦や、言語を研究した日々の結果、将来が開けたのも、清泉での4年間のおかげです。少人数の学科だからこそ先生方との距離が近く、自分の情熱を伝えれば、必ず先生方は応えてくれます。清泉には自分を高められる環境があります。

スペイン語スペイン文学科の特徴

スペイン語スペイン文学科モヤノ先生
スペイン語圏の言語?文化を立体的に学ぶ

映画を通してスペイン現代社会にアプローチ、文学を通して女性について考える、外国語を教える方法を考えるなど、学び方はさまざま。スペイン語の4技能を集中的に養成しながら、スペイン語圏の文化?社会?芸術について立体的な把握を目指します。

授業イメージ
スペイン語の習得からキャリア形成へ

入学時には何も知らなかった人でも、卒業時にはスペイン語圏を自由に行き来することができるコミュニケーション能力が身につきます。さらに既習者向けの「アバンセコース」では、PBL(課題解決型学習)やインターンシップのような活動に参加し、早い段階から将来のキャリア形成につなげていきます。語学だけでなく、スペイン語圏文化を知ることで、多様な社会に対応する自分を磨きます。


1630310126803
異なる文化に分け入り、自ら学び、発信できる自分へ

スペイン語スペイン文学科では、発声や動作を含めた対人的コミュニケーションを重視しています。教室の中の勉強だけにとどまらず、スペイン語で演劇を上演する授業をはじめ、異文化をその背景ごと全身で感じ、表現することで、自ら学び、考え、発信できる力を養います。
日本にいながら「ここはスペイン語圏?」という環境

スペイン語スペイン文学科では、多くのネイティヴ教員が授業を担当しています。日本人教員を含め、学科教員はスペイン語で会話をすることがほとんど。構内では常にスペイン語が飛び交い、廊下でスペイン語の会話が聞こえることは珍しくありません。もちろん、学生との挨拶やちょっとした会話もスペイン語。 清泉女子大学では、「ここはスペイン?ラテンアメリカ?」と思ってしまうくらい、スペイン語が日常的に耳に入ってきます。もちろん、スペイン&ラテンアメリカの情報通になることができます。
スペイン語圏の文化にさらされることで得られる強み

このような中、スペイン語スペイン文学科の学生たちは、毎日が異文化体験。スペイン語圏の人々は多様で寛容であるうえに、問題に対してすぐに話し合い、とことん議論することを好みます。学生たちも知らず知らずのうちに、他者を受け入れる寛容さと、問題に対して真摯に議論する積極性を身につけていきます。

身につく知識や能力


  • スペイン語を習得することで、世界の数多くの人々と心のこもったコミュニケーションが可能になり、自分の意見を世界に発信することができます。
  • スペイン語圏の多様性に接し続けることで、未知なるものや異文化に対して開かれた心が生まれ、他者を理解する寛容さと協働する力が身につきます。
  • 多角的な視点と論理的な思考力、実行力を持ち、国際社会で貢献できる力が身につきます。
身につく知識や能力

3つの魅力

POINT1

ゼロから学び4年間を通して
言語から文化までを身につけることができる

入学時、ほとんどの学生は「初心者」です。1、2年次にスペイン語を基礎から集中的にしっかり学び、培った語学の技能をツールとして活用しつつ、3年次からは「言語」「文学」「地域文化」の分野に分かれ、学びをより深めていきます。スペイン語を公用語とする国は多く、その文化は豊かです。言語習得だけでなく、歴史や社会などを総合的に学び、多くの国とのつながりを実感し、将来に生かすことができるのが本学科の学びです。
授業風景

POINT2

少人数でアットホームな環境
生涯の仲間をつくる

本学科の学生数は1学年約50名。そのため教員も学生もみな「顔見知り」です。4年間ともに学び、教えあい、助け合って課題をこなしていくうちに「同志」、そして「仲間」になっていきます。「清泉で生涯の友人を得た」と語る卒業生も多く、このつながりは勉強だけではなく、日々の生活でも感じることができるものです。こうした居心地の良い「アットホームさ」は本学科最大の特色です。
スペインイベントパエリア

POINT3

一人ひとりに細やかな指導
だから実力がつく

少人数制の授業はもちろんですが、課題の丁寧な添削指導など、一人ひとりに目が行き届くので、着実に実力をつけ、学んでいくことができます。わからないことがあれば気軽に質問して理解を深め、留学や研修について個別にアドバイスを受けることもできます。勉学に限らず、授業を越えてつながる教員との確かな絆こそ、語学の実力が鍛えられる基盤です。その力に支えられ、より深く、自分の学びを世界へと広げることができるのです。
学生と教員

学科トピックス

TOPIC1

web用
スペイン語で思いを伝える
スペイン語スピーチコンテスト
2021年12月に12回目を数えるスペイン語スピーチコンテストが開催されました。スペイン語学習歴に応じた4部門による発表は、自分の趣味や日本の社会問題についてなど、いずれも個性的な内容で、すばらしいコンテストとなりました。
※詳細はこちら

TOPIC2

アブレモス

楽しみながらスペイン語を話そう

" ?Hablemos!(アブレモス)"
スペイン語を使って自由におしゃべりをしたい、シチュエーション別の会話練習を特訓したい、そのような声に応えて、ネイティヴスピーカーによるスペイン語会話の特別レッスンを実施しています。全学科の学生が無料で受講できます。
※2020年度、2021年度はオンライン開催
※詳細はこちら

TOPIC3

留学報告会

留学生活のリアルを聞く

スペイン語圏留学報告会
留学に興味のある学生のために、毎年「スペイン語圏留学報告会」を開催しています。2020年度にはスペインとメキシコへ長期留学をした3名の学生が報告しました。留学先での実際の体験談を聞く貴重な機会となりました。
※2020年度、2021年度はオンライン開催

在学生?卒業生の声

清泉女子大学の学び、それがどのような価値を生み出すのか、実際にインタビューしてみました。

教員紹介

動画で知るスペイン語スペイン文学科

画像をクリックすると、YouTube動画が視聴できます。

学科の取り組み

スペイン語スペイン文学科の学びをアウトプットする機会として、年に1回スピーチコンテストを実施しています。

スペイン語 スピーチコンテストサムネイル
スペイン語スピーチコンテスト
(2分6秒)
在学生によるスピーチコンテストです。参加者のスピーチやインタビューをご紹介します。

学科紹介

スペイン語スペイン文学科の紹介動画です。
学科の概要、4年間の学び、授業、学生の雰囲気などをお伝えします。
スペイン語スペイン文学科紹介
清泉女子大学スペイン語スペイン文学科紹介
(1分40秒)
スペイン語スペイン文学科のフアン?カルロス?モヤノ先生とヒカルさん(撮影時3年生)によるスペイン語での会話を通して、スペイン語を学ぶ楽しさや、スペイン語スペイン文学科の魅力など紹介します。
スペイン語スペイン文学科学科紹介
清泉女子大学スペイン語スペイン文学科紹
(24分27秒)
2020年のオンライン?オープンキャンパスでの説明を動画にしたものです。
スペイン語スペイン文学科の授業と魅力を学生が紹介
学生が「スペイン語スペイン文学科」の魅力と授業を紹介
(10分42秒)
清泉女子大学スペイン語スペイン文学科の学生活動を支える「スペイン語スペイン文学会」(愛称:西文学会)による動画(Zoom)です。学生の視点で、学科の魅力と授業を紹介します。
AVANCE(アバンセ) コース
スペイン語スペイン文学科 AVANCEコース紹介
(9分33秒)
2020年のオンライン?オープンキャンパスでの説明動画です。スペイン語スペイン文学科の既習者向けAVANCE(アバンセ)コースを紹介します。

講義動画(夢ナビライブ映像)

「夢ナビライブ2019東京会場」で、高校生向けに行った講義です。
yumenaviキャプチャ_nagano
ポピュラー文化学(担当教員:長野太郎)(約30分)
「なぜラテンアメリカ音楽は世界で流行る?」
文化のグローバル化を20世紀にいちはやく実現してきたのがラテンアメリカのポピュラー音楽やダンスでした。
その秘密はラテンアメリカ社会の複雑な成り立ちにあります。親しみやすく個性的な文化が生まれる理由を探ってみましょう。

学生による教員紹介シリーズ

清泉女子大学の学生が、プロの指導を受けながら、試行錯誤を重ね、作り上げた教員紹介映像です。

長野太郎教授(学生による教員紹介シリーズ)
【長野太郎 教授『止まらない興味 妥協しない生き方』】
(6分40秒)

学科パンフレット

西文パンフ